やっぱアナログゲーは面白い!!

旧:最強!?ネタデッキレシピ保管庫☆ちょいTCGにマンネリ中。さまざまなスタイルのカードゲーム/ボードゲームの魅力にハマり中です。また、記載中のデッキレシピは古いカードのレシピです。

ボドゲ雑談_20200705(市販ゲー話)

auther: ふっと
店舗:BR店
持っていったゲームは結構ありました(写真)が、対戦出来たのは、その中の6本でした。

その1:宝石の煌き[対戦回数:2]

メンバー:やまぴん、YOくん、ふっと
2回対戦し2回とも、こちらの勝ちでしたが、YOくんが宝石の煌きは面白いし好きとのことですが、先読みがやや苦手なのか目先のカード拾いから貴族狙いになってしまうため、効率よく動く相手には、どうしても遅れを取ってしまうところがあります。

ゲーム終了後の感想戦では、レベル1カードのとりすぎや色を散らしすぎて取得すると効率が良くない点や、キープをするカードは相手の邪魔ではなく、自分が将来必要になるか(これに加えて相手の邪魔になるか)を考えてキープする方が良い点と、その他、宝石10個のキープから安いカードをタダで取ろうとするので、宝石をガメてもそこまで得になっていないことを話してみました。

[1回目]

←やまぴん、→YOくん、手前が自分

[2回目]

←やまぴん、→YOくん、手前が自分

自分の取り方も、実際上級者の方とやったことはないので、どこまで正解かは分かりません。
対戦回数も今回でトータル4〜5回対戦してるだけです。


[Amazon楽天市場駿河屋]

次回は、エルドラドを探してかアトリエ、もしくはコンセプト辺りのどれかひとつを持っていく予定。次回続けて宝石の煌きでは対戦出来ないかもしませんが、要望があれば持っていくことになるかもしれません。
(最初の写真の手下げ袋なんですが、実際大型2つは入るものの、他のゲームがほとんど入らなくなるため。)

宝石の煌きの対戦中に、名前を知らない彼が久々に登場。
仕事柄、なかなか来れてなかったそうですが、3ヶ月ぶりくらいの登場でした。

ここから4人です。

その2:ヘックメック[対戦回数:2]
メンバー:やまぴん、YOくん、名を知らぬ彼、ふっと
結果:1回目/やまぴん、2回目/YOくん

1回目は、こちらが集めたパネルを奪われる数字が続き4つあったパネルも1へ。
その上、無理ゲーすると一回成功しても2度目は失敗で、一向にパネルも増えずで負けでしたが、これは素直に悔しい。
2回目に3人が無理ゲーして、手元0状態で場のパネルを減らしていく中、こちらは一人4枚重ねたのですが、その後、高確率状態でもう一枚を取りそこねるダイス目が続きパネル放出。更にパネルも奪われ、終わってみれば負け。この時もさすがに悔しかったです^^;




Amazon楽天市場駿河屋

その3:革命万歳[対戦回数:2]
メンバー:やまぴん、YOくん、名を知らぬ彼、ふっと
結果:1回目/自分、2回目/やまぴん

青(イヌ)と赤(ネコ)の派閥抗争。勝たせたい色の合計を高めれば応援する派閥が勝つことは出来ても、カードを獲得出来ないというジレンマが面白いゲームです。
即効で青の勝利で終わった2回目のゲーム終了時、名を知らぬ彼が「勝ち筋が分からん!」と開いた残り手札全てが赤でしたが、これは、自分を犠牲にして赤の大きな数字を出すだけで、均衡を保てる/もしくは勝てる可能性のある手札でした。
ちょうど1回目の時、自分が青3枚以外赤という手札だったので、少し青を勝たせつつ赤を出していったパターンに近い形でした。




Amazon//駿河屋

その4:マネー[対戦回数:2]
メンバー:やまぴん、YOくん、名を知らぬ彼、ふっと
結果:1回目/自分、2回目/YOくん

ヘックメック、革命万歳、マネーと3縦で、偶然クニツィア先生のゲームになっています。

マネーは、ゲームシステムもゲーム性もよく出来ているのですが、なぜかネットの評価は低めですね。

確かに、複数の不要な紙幣を出して必要なセットを取るだけを繰り返せば、一応形にはなるのですが、お互いに同じ紙幣を取り合ってる場合は、そんなに上手くいかない場合もあるので、序盤で不要な紙幣を全投入はあまり得策でもなかったりします。

上記で狙えるのは初手がよほど偏っている場合のみなので、YOくんが「要らないのを出して、要るセットを取るだけだから簡単」と言っていましたが、毎回そうなるとは限らないのが、このゲームだったりします。

写真…撮り忘れ

自分のは小箱の緑色のものですが、グループSNE版があります。

Amazon楽天市場駿河屋

その5:もっとホイップを[対戦回数:2]
メンバー:やまぴん、YOくん、名を知らぬ彼、ふっと
結果:1回目/自分、2回目/YOくん

もっとホイップをは、ルールを少し変更して対戦。
1回目は、ダイスを振って一番高い人が切り分け役。2回目は4人が1回ずつ切り分けを行い、最後のホールはダイスで一番高い数字の人が行う形で対戦しました。1回目は5ラウンド中3回自分が切り分け役だったのですが、よく勝てたなあが正直なところでした。
いつもはダイス目が振るわないくせに、こういう時だけ高い目連発はやめてぇ!^^;

あと、名も知らぬ彼が「う―難しい!」と切り分けたピースが、YOくんが美味しいところばかりになるため、ある種、自分とやまぴんにとって違う意味で悩ましい状況が続きました。
席順は、[→名を知らぬ彼→自分→やまぴん→YOくん→]
という並びなんですが、「分からん!」と言いつつナチュラルに面倒くさい切り分けをしてくる彼もまた難敵といったところです。

このゲームは、切り分けた人から見て左隣(最初に取る人)が得になるのですが、切り分け方が絶妙に困る切り分けをされると、なかなかに悩ましいですねぇ…


※対面はYOくん



Amazon楽天市場駿河屋

その6:東方ボムレター[対戦回数:1]
メンバー:やまぴん、YOくん、名を知らぬ彼、ふっと
結果:やまぴんとYOくんが900点同率の1位(撃破数も同じ)
細かく見れば、最初の1ゲーム目で、山札切れの数字勝負が同数字で、やまぴんと名を知らぬ彼のドロー(引き分け)があったので、実質的には、やまぴんの勝ちになるかなあというところです。
余談ですが、3位が自分でしたが、得点カード中、一番低く1枚の200万点を引くとは…でした。

このゲームをはじめる前、「おっラブレター系のゲームなんだ」と箱裏を見ながらニコニコする名を知らぬ彼、じゃあやるかで始めたのですが、ゲーム途中で「どっちを選べばいいのか分からん!」というので、「あれ?ラブレターやったことあるんじゃ…?」と聞くと「ない!」とのこと^^;
なら、ボムレタールールでなくラブレタールールでやるべきでした。
彼いわく「箱裏に書いてあったから…」とのこと。

…おぃおぃ

ただ彼が霊夢を使っていたこともあり、自分も含め、どこかで彼の撃墜に引っかかるため、ボム0での撃墜が難しいx2、そんな対戦でした。

ルール的にやって良かったのか分かりませんが、魔理沙を使い、3効果の数字比較をAに仕掛けつつ、ボム効果でBに対して1効果の数字を2つ言うという動きはOKなのかNGなのかです。今回はOKで同時撃墜しましたが、これはどうなんでしょうね?

写真…撮り忘れ


Amazon楽天市場駿河屋

今回持ち込みつつも対戦出来なかったものでは…
インフェルノ、シャドウレイダーズ、フォーセール、ペンギンパーティ、ラミー111、我流功夫極めロード、動画アップしてみたwww、犯人は踊る
の8本でした。

次週ではないですが、次回、今回やれなかったボドゲを持っていくか、それとも別のボドゲを持っていこうか…

以上っ
久々にボドゲ三昧で有意義な一日でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

By.ふっと
カード/ボードゲーム雑談 | comments(0) | - | PageTop△ | SiteTop△

スポンサーサイト

auther: スポンサードリンク
- | - | - | PageTop△ | SiteTop△
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment