やっぱアナログゲーは面白い!!

旧:最強!?ネタデッキレシピ保管庫☆ちょいTCGにマンネリ中。さまざまなスタイルのカードゲーム/ボードゲームの魅力にハマり中です。また、記載中のデッキレシピは古いカードのレシピです。

ボドゲ雑談_20200512

auther: ふっと
今回もテキサスゾンビーズを1人でやってみました。



ゲームシステムは、同社の猫チョコです。

1人用ルール(バリアント)

・イベントカード10枚を抜き出しシャッフルして山札1として中央に置く
・アイテムカード50枚をシャッフルして、山札2として山札1の隣に置く
・山札2から3枚引き手札とする
・通常通りゲーム開始
・山札1を全て使い切ったら終了※最後の1枚は手札3枚を使う
・回避出来たイベントの枚数を控える
※10種のイベントをクリアするのが理想

上記のルールでやってみました。
前回同様、雰囲気を出すために、ドラマ口調(映画口調?)になっていますω

第1イベント発生

ヤクの売人がウヨウヨいる兵舎をどうすり抜ける?

その時のアイテムはこれだ

俺はこれを選んだ

俺はバンダナに火を付け火事を装って、ヤクの売人らの注意をそらし、こっそり通り抜けた

なんとか切り抜けた俺だったが、次のイベントが発生した

第2イベント発生

肌をあらわにした美女が助けを求めてきた
これは誤解だと恋人に説明しなくてはいけない…

その時のアイテムはこれだ

俺はこれを選んだ

俺はノートパソコンに保存した恋人との数々の思い出写真を見せながら、拡声器を使って、恋人への思いをぶちまけた。
しかし、こんな状況で嫉妬する恋人なんて別れた方がいいような気もしたが、それは口にせず、心にしまい込んだ。

突如合流した恋人との危機を乗り越えた俺だったが、すぐに次のイベントが発生した

第3イベント発生

夜が迫ってくる中、戦車を見つけた。この中になら上手く隠れそうだが…

その時のアイテムはこれだ

俺はサングラス型のPCを使い、ハッチの位置を確認し、ナイフでこじ開け中に入れるようにした。
凧糸は、張り巡らせておき、ソンビやマフィアが近づいた際の警報代わりに使おう

戦車の中で一夜を明かした俺達は、廃基地を彷徨ううち、どこかの実験室に入り込んだようだ

第4イベント発生

このイベントはデジャヴを感じるぜ…

その時のアイテムはこれだ

俺はこれを選んだ

ピザ屋のクーポンをエイリアンの顔にかざすと、エイリアンは起き上がって、自身につながれた鎖を引きちぎって、そのクーポンを欲しがった。クーポンを渡すと彼はうれしそうに仲間になった。

よほど、ピザが好きだったのだろう…

恋人とエイリアンという奇妙な三角関係で歩いていると、レーザーが飛び交う通路に出た

第5イベント発生

くぼみに手を当てることで、このレーザーは止まるようだが…

その時のアイテムはこれだ

ギターのネックの部分を切断すると、くぼみにピッタリハマる形になった。これを瞬間接着剤でくっつけて、レーザーを止めた。あとは、レーザーを制御していたであろうパネルをバスケットボールを使って破壊した。

なかなか危険な状況だったが、なんとか切り抜けることが出来た。

第6イベント発生

その後のゾンビとの遭遇で、恋人とエイリアンと別れてしまった。
仕方なく、しばしの仮眠を取り目覚めると、異様な生き物と一緒に檻に閉じ込められていた。

その時のアイテムはこれだ

俺はブーメランで遊んでやり、ガムとソーダで手懐けると、意外にも懐いてくれた。
偶然にも檻の鍵は緩んでいたから脱出は容易だった。

…檻に閉じ込める時に、所持品は回収されてしまいそうなもんだが…まあ助かった、と、安堵したのもつかの間。次のイベントが発生した。

第7イベント発生

気づくと後ろから木箱が1人で動いてついてきていた、さあどうする?

その時のアイテムはこれだ

俺は箱の中に、とっさに火を付けたダイナマイトを投げ込んだ

あとは、ご想像通り…まさか仲間になったエイリアンじゃなかったよな…?

第8イベント発生

通路を進んだ先には、信用ならざる相手がいる、さてどうする?

その時のアイテムはこれだ

俺はヌンチャクを使ってヤツを気絶させた。…意外に見掛け倒しなヤツだったな…

更に通路を進むと、とある部屋にたどり着いた

第9イベント発生

武器の隠し場所だったんだが監視がいる…

その時のアイテムはこれだ

俺は手斧とチェーンソーを使って監視を"ピー"、武器の隠し場所にフォークを突き刺しこじ開けた

そしてその後、最後のイベントに遭遇した…

第10イベント発生

麻薬カルテルのボスが誕生パーティを開いていた、どう回避するか?

その時のアイテムはこれだ

大量のタマゴをシャベルをバット代わりに、マフィア共に叩きつけ、怯んだ隙にマスターキーで部屋のドアを閉め、中に閉じ込めることに成功した。

こんな場所で誕生会だなんて、ボスならもう少し高級な場所を選べそうなもんだがな…マフィアのお誕生日会というレアなスポットをクリアした俺は、何か微笑ましさを感じ、逆に罪悪感を覚えてしまった。

10のアクシデントに会いつつも、俺は無事生還した。
恋人はどうなったんだろう?あの箱の中はエイリアンじゃなかっただろうな?お金のないマフィアの誕生会は一緒に祝ってやった方が良かったんだろうか?等々、いろいろな回想を掘り起こしつつ帰路についた。

以上っ

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

By.ふっと
カード/ボードゲーム雑談 | comments(0) | - | PageTop△ | SiteTop△

スポンサーサイト

auther: スポンサードリンク
- | - | - | PageTop△ | SiteTop△
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment